皮膚科での医療脱毛経験

皮膚科での医療脱毛経験

 海老名皮ふ科クリニックに通っていました。海老名皮ふ科クリニックに決めた理由は、海老名駅から歩いて通える距離だったのと、医療機関でしか使用できないという「ベクタス」という脱毛レーザー機を使用した脱毛が受けられるからです。

 金額は他のエステサロンに比べると少し高めですが、医療用レーザー機を使用しているので効果が高く、皮膚科専門の医師に診察もしてもらえるのでアフターケアもしっかりとしていると思いました。

 脱毛したパーツは足のすねと腕です。期間は足のすねが約1年半で腕が約2年で、2か月に1回のペースで通い一度の治療で2か所のパーツの脱毛をしてもらっていました。医師からは2~3か月に1回のペースで脱毛を受けるのが良いと聞いていました。

 初回はカウンセリングで脱毛を希望するパーツを話し、脱毛治療の流れや注意点などについて話を聞きました。カウンセリングをおこなってから1週間後、2回目の通院から脱毛治療をはじめました。

 脱毛の痛みは、一度目の脱毛のときはレーザーをあてたパーツにバチッとした痛みが連続して感じです。特に骨のある箇所や毛が濃い場合は痛みが強く、体が自然にビクッとなりました。ですが、通っているうちに毛が薄くなるので、徐々に痛みは小さくなって最後の方は少しパチッとするだけでほとんど痛みは感じなくなりました。脱毛治療後の半日くらいは肌がヒリヒリする感じが続きました。また、脱毛をおこなった日から2,3日程度は肌が赤くなっていてしまっていました。また、骨が無く肉がついている箇所は最初のうちからほとんど痛みは感じませんでした。

 通っているときに困ったことは特にありませんでした。ただ、予約がとりにくく、なかなか脱毛のペースをあげられなかったことが困っていた点です。後は、最初の内はレーザー脱毛をしてしばらく肌が赤くなっていたので、それが目立つのが気になっていました。通院していた病院に対しての不満は感じていませんでした。

↑ PAGE TOP